自殺者の多い国、日本

仕事を辞めて、かなり心の重荷が取れた。休職の時は足が動かず過呼吸になったし、復職時や、日曜日の夜は寝ることができずに頓服を飲まざるおえなかった。

 

生きるために仕事をしているのに、仕事のストレスで薬を飲むのはわやなのである。

 

自殺者で人を殺すのが日本だと思う。

 

向こう何ヶ月か分の生活費を貯めておけば、いつでも休むことができる。

 

休もう、自分のために

 

今週のお題「下書き供養」



ミニマリスト:朝は15分捨て続けるチャレンジ

朝起きて、好きな音楽をかけながら不用品を捨てるということをやっています。

DMや、薬のゴミ、やっぱりいらなかったものなど、ばしばし捨てていきます。

 

エスなど、掃除道具を作ってもいいと思います。

 

家から不用品を出すと、すっきりして気持ちがいいです。

ミニマリスト: 半自給自足生活はできるのか

読んでくださっている方にまずありがとう!を言いたい。

相変わらずはてなスターの付け方がわかっていないが、読者の方のブログは私も読ませていただいている。

感謝

 

さて、晴れて仕事に行かず求職することになったが、今年のチャレンジの一つとして自分の食べる物を自分で作ろうキャンペーンを冬ごろから始めていた。

 

やはり冬だったので全然うまくいかなかった。

 

それが、春になった途端植物がすごく元気になってご機嫌で陽の光を浴びている。

 

とはいえ、当初の目標だった自給自足ができる量には程遠く、まだこれで大丈夫なのかと不安に思うことの方が多い。

 

目標は、季節の野菜がベランダにあってベランダが冷蔵庫がわりになっている暮らしだ。

 

これなら肉類や主食を買うだけで事足りる。

 

あまり考えてなかったが環境にもいいらしい。

 

個人的には精神にいいと感じている。

 

自分で育てると植物たちがかわいいのだ。

 

日当たりの良くないベランダでどれだけできるかわからないが、野菜達にはがんばってもらいたい。

退職後の部屋の整理

人間意外と物がたくさんあるようで、退職後の物の増殖具合に辟易している。

 

毎日少しずつものを捨てて、すっきりさせるように心がけているが、いかんせん量が多すぎる。

 

物の多い部屋は疲れるので、早く片付けたい。

お題「捨てられないもの」

 

植物の成長が楽しみな私

お題「#新生活が捗る逸品」

私はオフグリット生活を続けていて、食料の自給自足にもチャレンジしています。

実を言うとプランターが増えてちょっと困っていました。

そこで、ペットボトルで植木鉢を自作することにしました。

これが大当たり。

ペットボトルを縦に使って深くすれば、ある程度まで苗を育てることができます。

プラスチックもリサイクルできて一石二鳥です。

ミニマリスト: 鬱状態でも可愛くなれる服

初めてまとまった量の服を買いました。

スタイリングは友人。

これで考えなくても、調子がすごく悪くてもおしゃれに過ごすことができます。

ちなみに秋まで服を買わなくても大丈夫なように組んでもらいました。

コスパが良すぎて感動しています。

大きな紙袋2袋洋服を寄付した話

すっきりしました。

今までタイミングがなかったので、服をしまいっぱなしでした。

 

スペースが空いて喜んでいます。

 

続きはノートで

 

https://note.com/humanrights_tama/n/n0e7b5ed800db